つぶやき

10万円で投資するなら?中国株投資家が選ぶ初心者向け銘柄3選

invest in china

高度成長を続けている中国に投資したい!けどあまり予算がないので、まずは10万円ぐらいの予算ではじめてみたい。そんな初心者の方もいるのではないでしょうか?

ここではそんな方のために10万円でも買える、中国の代表的な会社を紹介したいと思います。

ADRで1株単位から中国企業に投資

中国の会社の株は、中国本土や香港の銘柄だけでなく、ADRの銘柄もあります。ADRであれば1株単位で取引が可能なので、少額の予算でも投資することができます。10万円あれば、ADRでアリババなど、中国の有名企業に投資することができますよ。なお取引通貨は米ドルになります。

ここでは、ADRで買える中国の代表的な銘柄を紹介します。

アリババ(BABA)

タオバオ(taobao)

アリババ(BABA)の概要

中国のネット通販最大手。1999年に馬雲(ジャック・マー)氏が杭州市で設立。2014年に米NY、19年に香港にそれぞれ上場した。

「淘宝網(タオバオ)」や「天猫(Tモール)」など個人向けECサイトを運営するほか、越境EC「天猫国際」、BtoB「1688.com」も手がける。EC以外では、宅配スーパー「盒馬」、フードデリバリー「餓了麼」、動画ストリーミング「優酷」、クラウドサービス「阿里雲」などを擁する。

グループ全体の年間アクティブ消費者数は10億人超、うち中国小売事業が8億1100万人。グループ全体の総取引額(GMV)は8兆1190億人民元(2021年3月期)。海外事業では、2016年に東南アジア同業ラザダを買収。

アリババ(BABA)のチャート

アリババ(BABA)のチャート

アリババ(BABA)の株価について

株価211.64USD
PER24.73倍
時価総額5737.81億USD
最低売買価格23,210円

※ 2021年6月11日時点

アリババ(BABA)の決算情報

売上高営業利益純利益
18/03250,266.0069,314.0063,985.00
19/03376,844.0057,084.0087,600.00
20/03509,711.0091,430.00149,263.00
21/03717,289.0089,678.00150,308.00

※ 単位:百万元

コメント

中国政府の大手プラットフォームに対する規制や取り締まり強化で株価は停滞気味。アリババにとってはネガティブな材料だが、アリババにはECやクラウドなど強固なビジネスを持っているので、株価はいずれ戻るのではと考える。

JDドットコム(JD)

JDドットコム

JDドットコム(JD)の概要

中国のネット通販大手。主席兼CEOの劉強東氏が04年に創業。通販サイト「www.jd.com」を運営し、EC企業としては阿里巴巴(アリババ)に次ぐ中国2位の規模を誇る。

サプライヤーから買い付けた商品をネット上で販売する「オンライン小売」事業のほか、ネット上の売り場を提供する「オンライン・マーケットプレイス」事業を展開。年間アクティブユーザー数は4億7190万人(2020年)。

自前で物流事業も展開。物流サービスは倉庫900カ所余り(総建築面積2100万平米超)を保有する。2020年12月、傘下の京東健康(6618.HK)が香港上場。2021年5月には、京東物流(2618.HK)を分類上場させた。

JDドットコム(JD)のチャート

JDドットコム(JD)のチャート

JDドットコム(JD)の株価について

株価71.19USD
PER13.95倍
時価総額1132.61億HKD
最低売買価格7,809円

※ 2021年6月11日時点

JDドットコム(JD)の決算情報

売上高営業利益純利益
17/12362,331.75-835.48-152.26
18/12462,019.76-2,619.13-2,491.63
19/12576,888.488,994.8812,184.16
20/12745,801.8912,342.8249,405.22

※ 単位:百万元

コメント

中国政府の大手プラットフォームに対する規制や取り締まり強化でIT・ネット業界は停滞気味。上記のアリババ(BABA)同様、株価は上値を抑えらている。こちらもまだ慎重スタンスだが、安値で拾うのもいいかも。

香港株式市場の銘柄に投資

香港株式市場に上場している銘柄は、最低の単位数が100株や1000株など、ADRより取引単位が上がるので、10万円の予算となると、銘柄が限られてきますが、10万円でも投資することは可能です。なお取引通貨は香港ドルになります。

例えば、香港市場であれば、中国の大手スマホメーカーである「小米集団(1810.HK)」などは10万円以下で投資することができます。

小米集団(1810.HK)

小米

小米集団(1810.HK)の概要

中国スマホ大手。 スマホを主力とするほか、ノートパソコン、スマートテレビ、AIスピーカー、スマートルーターなどのIoT(モノのインターネット)・ライフスタイル製品を扱う。うちスマホの出荷シェアは、世界と中国でともに4位(2020年、IDC調べ)。

EMS大手の富士康(フォックスコン)、英華達(インベンテック)に生産を委託する。従来はオンライン販売を中心としていたが、近年は実店舗の設置に注力。オンライン、オフラインを融合させた「新小売」戦略を展開する。海外展開も加速中。インドでは、現地シェア最大のスマホメーカーへと成長した。

小米集団(1810.HK)のチャート

小米集団(1810.HK)のチャート

小米集団(1810.HK)の株価について

株価28.15HKD
PER22.50倍
時価総額7057.59億HKD
最低売買価格79,372円

※ 2021年6月11日時点

小米集団(1810.HK)の決算情報

売上高営業利益純利益
17/12114,624.7412,215.47-43,826.02
18/12174,915.431,196.4713,553.89
19/12205,838.6811,760.2210,044.16
20/12245,865.6324,034.7320,355.50

※ 単位:百万元

コメント

2021年1Qのスマホ販売台数が世界3位となった。販売台数は昨年同期比64.9%増、マーケットシェアは9.9%から12.9%へ上昇。1位サムスン、2位アップル超えを目指す。今後の更なる発展に期待。

さいごに

10万円の投資でも始めることができれば、あなたも立派な投資家です。さあ、新しい扉を開いてみよう!

※投資はあくまで自己責任でお願いします。最終的には自分で考えて、自分が理解できる会社に投資しましょう。

invest
20代、20万円から始める中国株投資!何に投資する?もうすぐボーナスがもらえるので、中国株の投資を検討してみよう!中にはそんな方もいるのではないでしょうか。 20万円ぐらいの余裕資金...
中国・上海
中国株で注目のテーマはこれ!今後成長が期待できるセクター5選経済成長を続ける中国ですが、その中でも今後どのような分野が伸びていくの?そんなふうに思っている人もいるのではないでしょうか。 投資...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です