投資について

海外赴任時に投資をしたいけど、どうすれば株取引できる?

投資

海外赴任で収入が増えるので投資を始めたい方や、もうすでに日本で投資をしていて、海外でも投資を続けてやっていきたい方などいるかと思います。

そこで問題となってくるのが、「海外で投資をするとなると、どのように投資すればいいの?」「どこで株取引ができるの?」ということではないでしょうか?

ここではそんなお話をしたいと思います。

海外転勤等の理由により出国(非居住)される方は日本の証券会社で取引できない

海外赴任をすると、株取引や積み立て投資が大変やりにくくなります。日本の証券会社は海外、つまり滞在国での株取引や金融商品の取引に関する免許を持っていないからです。

当社に証券総合口座をお持ちのお客さまが、海外勤務等の理由により一時的に出国「(本邦)非居住者」 される場合、原則「帰国されるまでの間」も当社の証券総合口座(お客さま名義)にて有価証券等をお預けいただくことができます。

ただし、当社では日本国外で金融商品取引業務を行う許可(免許)などを海外の監督官庁等から得ておらず、居住国の法令諸規則に則った対応を行うことはできません。

具体的なお手続き方法につきましては、「当社カスタマーサービスセンター」または「お客さまのお取扱い店」までお問い合わせください。

情報:SBI証券

そのため、一般的な案内としては「海外赴任者、つまり日本国内非居住者は株取引及び積み立て投資などのサービスを利用できません」ということになります。

しかし、実際はそんなことは知らずにそのまま日本の証券会社を使っているケースも多くあったりもします。特にマイナンバー以前の海外赴任者はそうでした。

海外で証券口座を開いて投資を行う

知らず内に日本の証券会社を使っている場合は仕方ないとしても、このようなルールを認識しているのであれば、やはりルールに則って、投資を行うのがいいかと思います。

日本の証券会社が利用できないのであれば、海外で証券口座を開き、そこから株取引など投資を行うといいでしょう。

おすすめは「HSBC香港」の口座

HSBC香港

おすすめの海外口座は、多くの日本人が利用している「HSBC香港」です。

こちらは、英語か中国語で意思疎通ができる方であれば、非移住者であっても口座を持つことができます。

HSBC香港の口座は、銀行と投資口座がセットになっています。アカウントは、預けている金額によって、スタンダードな口座、HSBC Premier、HSBC Jadeと3つのカテゴリーがあります。

上位カテゴリーの口座ほどサービスが充実しますが、口座に一定の金額を預けていないと手数料が取られるので注意してください。

HSBC香港は、日本の金融機関より進んでいて、世界中のいろんなマーケットに投資することができます。商品の幅は、日本より広いでしょう。

香港ではキャピタルもインカムも非課税。非居住の方であれば、そのメリットが生かせますよ。

HSBC香港について

HSBC香港の本店は、香港のセントラルにあります。地下鉄の「中環(セントラル)駅」から歩いて行けます。

なお、その時々によって対応が変わってくる可能性もあるので、香港に行く前にメール等で最新の状況を確認して、必要書類などを準備してから口座開設してください。

世界に目を向けよう

日本にいるとどうしても日本にばかり目が行きがちだったかと思いますが、世界はもっと大きく、いろんなチャンスが広がっています。

せっかく海外赴任で海外を見るチャンスがあるので、中国株など海外の株式にチャレンジしてみるのもいいかと思います。

あと、いろんなところにも旅行して、視野を広がることも大事ですね。もし、これを見て、HSBC香港で口座を開くという方がいましたら、ついでに旅行もしてきてください。

香港だけでなく、フェリーを乗ってマカオに行ったり、鉄道を利用して深圳や広州など中国本土の発展具合を見てみるのもいいかと思います。深圳などでは、日本以上に進んでいる点も結構あって、逆カルチャーショックになるかもしれませんよ。

中国・上海
中国株で注目のテーマはこれ!今後成長が期待できるセクター5選経済成長を続ける中国ですが、その中でも今後どのような分野が伸びていくの?そんなふうに思っている人もいるのではないでしょうか。 投資...
ABOUT ME
中国株.comの管理人
初めて買った株が中国株という、ちょっと普通じゃない人です(笑)。 これから中国が発展するに違いにないと思い、2004年に中国株投資を開始。投資歴は18年になります。 投資スタンスは長期投資。成長する中国と正しく向き合って、一緒に大きくなれたらいいなと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。