つぶやき

株初心者が少額投資するなら中国の成長株に投資するのがおすすめ

投資

投資するのであれば100万円ぐらいまとまったお金を準備して始めるのがいいかもしれませんが、そうは言っても懐具合は人それぞれ。

なかには、10万円、20万円ぐらいはあるのだけど、これから投資を始めてみたいと言う方もいるかと思います。

ここではそんな、投資資金が限られている株初心者の方に向けて書いていきたいと思います。

少額投資するなら日本株より中国株がおすすめ

株初心者がいきなり中国株は少しハードルが高いと感じるかもしれないですが、ちょっと考えてみてください。

手持ち資金で10万円、20万円で日本株に投資しても、たかだか利益はしれてますよね。10万円の1.5倍で15万円になった。20万円の1.5倍で30万円になった。それぐらいのイメージではないでしょうか。

一方、中国株には日本株より夢があります。成長過程にある中国には成長株も日本より多く存在します。中国の成長株に投資すれば、数年で数倍になる銘柄も珍しくありません。

ほぼゼロ成長の日本と成長を続けている中国、どちらの株式市場が儲けるチャンスが多いと思いますか?

私なら中国株を選択しますね。そして実際に2004年から中国株に投資してきています。おかげで中国の成長の恩恵を受けてきました。

中国に対して、リスクがあったり、不安があったりするかもしれませんが、それは日本株においても同じことが言えるのではないでしょうか。

中国はまだ若い国で勢いがある一方、先進国より成熟していない一面もあるかと思います。一方、日本は先進国ですが、少子高齢化が進み、社会は硬直化、その結果失われた30年が続いています。

株は基本的に未来の成長に対して投資するものです。そう考えたとき、あなたは日本株と中国株のどちらに未来があると思いますか?普通に考えたら中国株ではないでしょうか。

数万円あれば中国株に投資できます

それでは具体的にいくらあれば中国株に投資できるの?そんなことについて話していきたいと思います。

中国の会社の株は、中国本土や香港の銘柄だけでなく、ADRの銘柄もあります。ADRであれば1株単位で取引が可能なので、少額の予算でも投資することができます。数万円ぐらいから投資できる銘柄があります。

invest in china
10万円で投資するなら?中国株投資家が選ぶ初心者向け銘柄3選高度成長を続けている中国に投資したい!けどあまり予算がないので、まずは10万円ぐらいの予算ではじめてみたい。そんな初心者の方もいるのでは...

上記の記事では10万円で中国の会社に投資する場合の例を書いています。10万円あれば、ADRでアリババなど、中国の有名企業に投資することができますよ。

あと、20万円とかそれ以上の投資資金があれば、もっと投資の幅は広がります。

invest
20代、20万円から始める中国株投資!何に投資する?もうすぐボーナスがもらえるので、中国株の投資を検討してみよう!中にはそんな方もいるのではないでしょうか。 20万円ぐらいの余裕資金...

ちなみに私は、15万円、20万円程度の投資からスタートしました。それでもうまくいったら大きくなりますよ。

ただしあまり少額すぎると手数料が割高になるので注意

先ほど中国株に数万円ぐらいから投資することができますと話ましたが、注意点もあります。それは取引手数料です。少額の取引の場合、手数料が割高のなる傾向があります。

中国株の取引の場合であれば、最低手数料45香港ドル(税込:49.5香港ドル)と言う感じで、取引手数料を取られます。

49.5香港ドルを日本円に直すと700円程度なので、それほど気にするほどでもないかもしれませんが、数万円のトレードよりは10万円、20万円以上という単位で取引する方が、取引手数料は有利になります。

なお、中国株でもNISA(少額投資非課税制度)を活用できます。NISA口座で取引すれば、売却益や分配金、配当金が非課税となります。これから中国株を始めようと考えている方は、NISA口座を検討するといいでしょう。

中国株ならテンバガー(10倍株)も夢ではないかも

中国には、昔の日本にあったソニーなどの成長銘柄が、存在しています。

例えば、2004年上場当時にテンセント(0700.HK)を買って、今まで持っていたら600倍ぐらいにはなっているかと思います。

テンセントのチャート

流石にそれは無理だとしても、テンバガー(10倍株)であれば、もう少し出会う確率は増えてきます。実際私もいくつものテンバガー銘柄を見てきました。

例えば、ガスセクターの中国ガス(0384.HK)、スマホ部品セクターの舜宇光学科技(2382.HK)、自動車セクターの吉利汽車(0175.HK)などです。

そのほか、バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが投資しているBYD(1211.HK)もテンバガー銘柄です。

smart phone
まだまだ伸びる!?スマホ部品セクターで注目の中国株銘柄2選iPhoneなどのスマホは毎年アップグレードして新商品が登場しますが、それともにスマホのカメラなどもアップグレードしたものが搭載されてい...

今後も時代の流れにあった会社に投資をしていけば、発展の恩恵を受けることができるのではないでしょうか。

さいごに

いかがだったでしょうか?ちょっとは未来が見えてきましたか?

少額でもコツコツとやっていけば、いつかは大きなお金になるのではないでしょうか。

投資の世界は日本だけではありません。世界が投資対象です。そう考えた時、なるべく成長している国、産業に投資するのが、成功確率をあげる上で大事かなと思います。

そのために世界を勉強しよう。そしてお金や投資について勉強していきましょう。

それでは、Good Luck!

中国・上海
中国株で注目のテーマはこれ!今後成長が期待できるセクター5選経済成長を続ける中国ですが、その中でも今後どのような分野が伸びていくの?そんなふうに思っている人もいるのではないでしょうか。 投資...
もしこのサイトの記事が参考になったと思ったら、SNSで記事をシェアしていただけるとうれしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です