気になる銘柄

リクルートも投資!イーカー(Yeahka: 9923.HK)が調子いい

気になる銘柄第1弾。日本のリクルートも戦略投資家に名を連ねる、イーカー(Yeahka: 9923.HK)を取り上げたいと思います。

イーカー(Yeahka: 9923.HK)の概要

深セン市を拠点にする同社は、加盟店・消費者向け決済サービスのプラットフォームを運営しています。(加盟店に各種決済方法やチャネルへのワンストップアクセス
を提供することで、消費者は好みの方法やチャネルを使って支払うことができるようになります)。

同社のQRコード決済サポートソフトは現在、WeChat、Alipay、Cloud Flashなど500以上のモバイルアプリケーションをサポート(中国で2番目に大きい非銀行QRコード決済サービスプロバイダーです)。

またQR決済サポートで培った膨大な顧客基盤とデータ資産を活用し、ユーザーの業務効率化を支援する加盟店向けSaaS、ターゲット市場への効果的なアプローチを可能にするマーケティングサービス、金融ニーズに対応したフィンテックサービスなどのテクノロジーを駆使した多様で豊富なビジネスサービスを提供しています。

2012年にテンセント(00700.HK)と資本提携。リクルートホールディングスが戦略投資家に名を連ねる。

イーカー日本語サイト:https://www.yeahka.com/jp/index.html

中国でスマートレジ「智掌柜」を展開

智掌柜

日本のAirペイと同じようなスマートレジ「智掌柜」を中国で展開しています。主にレストランなどで利用されています。

正直、デザインは少しダサイですが、中国でもスマートレジが増えてきたら面白い存在になっていくかも。

日本のAirペイと同じ△のロゴなので、同じシステムを中国で展開しているのですかね?Airペイを運営しているリクルートともつながっているみたいだし。

ちなみにリクルートが展開しているAirペイはこんな感じです。

Airペイ

やっぱり、イーカーの「智掌柜」より、リクルートの「Airペイ」の方がいいな。イーカーさん、デザインもっと頑張って!

イーカー(Yeahka: 9923.HK)の業績は?

年次決算

売上は年々拡大傾向。2019年度本決算では、黒字化達成。さらに売上、利益が増えていったら面白くなりそうですね。

売上高営業利益純利益EPS(元)
2017/12304.69-51.05-342.02-7.180
2018/12992.8933.16-182.79-3.840
2019/122,258.02352.7084.661.840

※ 単位:百万元

キャッシュフロー

本業からのキャッシュフローである営業CFは、2018年からプラスに。本業で稼ぎが出てきたことがわかります。

2017/122018/122019/12
営業CF-22.37369.7852.55
投資CF-50.35-122.79-138.73
財務CF299.83-249.8346.72
現金同等物480.52479.84441.32

※ 単位:百万元

上場後の値動き

上場は2020年6月1日。公開価格16.64香港ドル、初日終値17.66香港ドルからのスタート。そして、2020年7月14日時点は以下のようになります。

イーカー(Yeahka: 9923.HK)のチャート

7月14日はマーケット全体が下がっているので、冴えない動きとなっていますが、株価は39.80香港ドル。わずか1ヶ月半で株価は2倍強に跳ね上がってます。

少しだけイーカー(Yeahka: 9923.HK)を買ってみました

売上、利益が順調に拡大していて、もしかしたら面白くなりそうかなと思い購入。購入は6月8日で購入時の株価は17.36香港ドル。最小単位の400株を購入。購入価格は日本円で約10万円。

うまくいったら数倍にはなりそうなポテンシャル。そしてうまく行かなかっても数万円ぐらいの損失かなと想定していました。今のところ、思った以上にうまくいっています。株価が高くない時に、もう少し買っておけばよかった…少し後悔。けど株価が上がってるからよしとしましょう。

問題は売り時ですね。他に似たような会社が思い当たらないので、どの辺を目安にしたらいいかの指標がまだはっきりしていないです。

この先、急な値動きがあれば売ることも考えられますが、未来に投資するのであれば、ホールドでもいいかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です