気になる銘柄

中国版エムスリーの「医脈通科技(2192.HK)」が香港上場

医脈通科技

2021年7月15日に医脈通科技(2192.HK)が香港株式市場の上場。個人投資家向けの公募倍率は592.41倍と人気となっていました。

医脈通科技(2192.HK)は、中国版エムスリー(m3.com)。日本人投資家なら知っているかと思いますが、エムスリー(m3.com)はすごい成長率を誇る株ですよね。

そこでここでは、そんな中国版エムスリー(m3.com)の「医脈通科技(2192.HK)」をチェックしていきたいと思います。

医脈通科技(2192.HK)について

中国で医師が利用する情報プラットフォームを運営する。診療のガイドライン、研究結果、医薬品照会、臨床開発などに関する記事や動画を提供しており、2020年末時点のユーザー数は350万人で、このうち医師が240万人に上る(国内すべての開業医の58%。フロスト&サリバンによれば、登録医師ユーザー数は国内トップ)。

プラットフォームを通じた医薬品・医療機器メーカー向けのマーケティングサービスが主な収益源。病院や研究開発機関向けにクラウドでソフトウエアを提供するSaaSでも収益を上げる。

日本のエムスリーが大株主

日本との関係も密接。2013年12月には、医療ポータルサイト「m3.com」を運営する日本のエムスリー(M3:2413/東証1部)が50%出資しました。それ以降、戦略的提携関係を維持しています。なお上場後、M3の出資比率は38.7%に低下する見通しです。

医脈通科技(2192.HK)の年次決算

売上高純利益EPS(HKD)
2018/1283.4614.190.027
2019/12121.5731.270.058
2020/12213.5385.200.159

※ 単位:百万香港ドル

医脈通科技(2192.HK)のキャッシュフロー

2018/122019/122020/12
営業CF22.0928.20111.05
投資CF-3.10-2.430.01
財務CF-5.85-3.43-2.83
現金同等物16.5338.88147.10

※ 単位:百万元

医脈通科技(2192.HK)とエムスリー(m3.com)を比較

会社株価PER時価総額
医脈通科技
(2192.HK)
27.2HKD
(IPO価格)
約150倍187億7278万7200HKD
エムスリー
(2413)
7,645円
(21/7/14終値)
137.31倍5.19兆円

※ 2021年7月14日時点

医脈通科技(2192.HK)のPERは、高PERのエムスリー(2413)をさらに上回る水準となっています。

ただ、医脈通科技(2192.HK)の直近3年の売上、利益は急ピッチで伸びています。この数字から見てみても、中国のマーケットは、日本のマーケットよりまだ伸び代が期待できそうです。

エムスリー(2413)みたいな株価推移を辿るかは分かりませんが、面白い存在になる可能性は秘めていそうです。

私は、PERが高いこともあり、ひとまず様子見のスタンスですが、安くなったら買ってみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、以下がエムスリー(2413)のチャートです。

エムスリー(2413)のチャート

エムスリー(2413)、凄すぎですね。日本株にもこんなすごい株があったのですね。流石にこんな感じにはならないと思いますが、これを見ると夢は膨らみますね。ただ、過度に期待しないでくださいね。株はそんなに思い通りに行くものではないので。

補足:医脈通科技(02192)は15日、香港市場に新規上場しました。初値は28.90HKドルとなり、公開価格を6.3%上回った。初値に基づく時価総額は199億4608万6400HKドルとなりました。

個人投資家向けの公募倍率は592.41倍と人気の銘柄だった割には、初値は落ち着いた価格になりましたね。ここから上がっていくのかなあ。さあどうでしょうか?

※投資はあくまで自己責任でお願いします。最終的には自分で考えて、自分が理解できる会社に投資しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です