投資戦略

普通の人でも実現可能!?FIRE達成に向けた投資先を考える

最近話題になっているFIRE(Financial Independence, Retire Early)。FIREに関しては本が出版されていたり、ブログであったり、Youtubeであったり、色々な媒体で紹介されています。

ここままサラリーマンを続けていても、あまり明るい未来が描けないし、ましては、20年30年といった単位で考えると、大企業であっても安泰とは言えない、そんな世の中。

会社に依存しない、自分らしい生き方を目指す。そのためにFIREを目指す。お金の面で自由になれば、時間的自由も生まれる。そういう状態の時、お金のしがらみを考えずに、自分の好きなことを自分がしたい時にできる。そんな生活を憧れている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんなFIREについて考えてみたいと思います。

目指せFIRE

FIREで目指す目標としては、まずは1億円。しかし、普通の人が1億円の資産を作るのは簡単ではないですよね。

普通に考えて、よっぽど優秀なサラリーマン、もしくは会社経営者でないと、仕事で稼いで1億円の資産を作るのは厳しいかと思います。

そうなると考えられるのは投資ですね。FIREの本やネットでの情報を見てみると、まずは投資できる環境を作って(貯蓄を作って)、投資でお金を増やす。これが普通の人でも実現可能なFIREではないでしょうか。

もしくは、サイドFIREを目指すのいいですね。サイトFIREとは、半分FIREの状態みたいのもので、「不労所得が生活費の半分を賄い、残りは働いて稼ぐ」という状態になります。

不労所得のベースがあるので、残りは、例えば月10万円ぐらいを自営業などの形態で、自分の興味のある分野を、ストレスがあまりない状態で、仕事をするといった形になります。

このサイドFIREだとハードルは下がり、より現実的になってくるのではないでしょうか。

通常のFIREポートフォリオ

それでは、FIREを実現するための投資先を見ていきましょう。

通常は、米国のインデックス(例えば、S&P500など)に投資するのが、王道パターンかなと思います。

S&P500 チャート

例えば、S&P500に投資すれば、年平均約8%程度のリターンがあると言われているので、これに乗っておけばいいというのがよく言われている話です。

確かに、リーマンショック後からの10年ぐらいは米国株は強い動きであったので、これは過去のデータをみると間違えではないと思います。

ただ、これが今後においても、S&P500や米国株が引き続き強いという保証は一切ありません。

ましては、米国株は、この10年ぐらい新興国株市場をアウトパフォームしてきましたが、これがずっと続くかとなると必ずしもそうではないように思います。

中国株、香港株がアメリカ株にずっとアンダーパフォームを続けてきましたが、その動きはどこかで是正されるのではと密かに思っております。

国のGDPを比較して、中国のGDP成長率がアメリカより常に高いのに、常に中国株が米国株と比較して、安値で取引されているのは少し違和感を感じます。

確かに、中国は政治リスク、カントリーリスクがあり、少し安く取引されているのは仕方ないかと思いますが、近い将来、中国株、香港株に日が当たる時が来るのではないでしょうか。

中国株もFIREのポートフォリオに入れる

投資は、人と同じ思考で戦っても、大きな利益は得ることができません。もし、みんなと同じ思考でうまくいくのであれば、投資している大半の人は投資で多くの利益を得て、多くの資産を築いているはずです。しかし、実際はどうでしょうか?

普通のことをしていても、平均的な成績を出すぐらいしかできないのではないでしょうか。

投資先、ポートフォリオを考えた時、米国のインデックスファンドにほとんどの資金を投資する方法ではなく、リスクの許容度にあわせて、中国株、香港株もポートフォリオに入れてみることをおすすめします。

私は、2004年から実際に中国株に投資していますが、S&P500より全然いい成績を収めています。

ちなみに、以下が私のメインの銘柄「テンセント(0700.HK)」です。

テンセントのチャート

そのほか、去年投資した銘柄はこちらに紹介しています。

リクルートも投資!イーカー(Yeahka: 9923.HK)が調子いい気になる銘柄第1弾。日本のリクルートも戦略投資家に名を連ねる、イーカー(Yeahka: 9923.HK)を取り上げたいと思います。 ...
中国の不動産大手である緑城中国の子会社「緑城管理(9979.HK)」に期待気になる銘柄第2弾。中国の不動産開発会社、緑城中国(3900.HK)の子会社で、プロジェクト管理を手掛ける「緑城管理(9979.HK)」...

イーカー(Yeahka: 9923.HK)は、半年強で約3倍になり売却。緑城管理(9979.HK)は投資して1年弱で約1.6倍になっています。

このように中国株には、まだ成長途中で、成長余力もある会社がいくつもあります。こういった銘柄をポートフォリオに入れてみるのもいいのではないでしょか?

さいごに

もちろん、S&P500をはじめとする米国のインデックスは優秀な投資先かと思います。ただ、みんながいいと言ってるからと言って、情報を鵜呑みにするのもどうかなと思うところがあります。米国の相場が強い時はいいですが、それが永遠に上り一本調子にはならないと思います。

相場は強い時のあれば、弱くなる時もあります。それと同時にお金も常に儲かるところに移動していきます。

上がりすぎたら調整する。下がりすぎたら反転する。最終的にはファンダメンタルズがものをいうかと思います。

未来のことは誰もわかりませんが、未来を想像して、そして、未来に投資していきましょう。

FIREが達成できるといいですね。私も1億円を目指して投資を続けていきます。

さいごにFIREもしくはサイドFIREされている方がいましたら、仲良くなってください。FIREの仲間募集中です!

中国の不動産管理
中国でこれから伸びる業界!不動産管理セクターを要チェック私は、基本、景気の良し悪しに関わらず、業績が伸びる業界に投資したいなと考えています。 2021年6月時点で考えると、本当は資源、素...
中国・上海
中国株で注目のテーマはこれ!今後成長が期待できるセクター5選経済成長を続ける中国ですが、その中でも今後どのような分野が伸びていくの?そんなふうに思っている人もいるのではないでしょうか。 投資...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です