つぶやき

お金にも働いてもらおう!正しい投資をすれば日本人は豊かになれる

前にはお話しましたが、日本人は「貯金に偏りすぎている」のではないでしょうか?

もちろん、お金をちゃんと貯めることは大事。貯金はいいことだと思います。

しかし、お金をどのように配分していくか、貯金(現金)と投資のバランスも考えていかないといけない時代になっているのではないでしょうか?

投資
貯金に偏り過ぎているのでは?投資と貯金(現金)の割合についてお金の話は汚いなどと日本人は言いますが、本当のことを言うとみんなお金が好きですよね?ここではそんなお金の話をしますね。テーマは「投資と貯...

コロナ禍で世界各国はお金を刷り、お金をばら撒いている

2020年に新型コロナウイルスが猛威を振るい、私たちの生活に多大なる影響を与えました。

日本に限らず、世界各国でロックダウンや外出規制を経験し、経済活動や人々の生活など、さまざまな面で制限が掛かりました。

特に、宿泊業や飲食業などサービス業に至っては、相当厳しいときを過ごしたかと思います。

そんな状況下、各国政府は、景気悪化に対応すべく、新型コロナ経済対策を発表。全国民に現金給付、事業者への支援金、無利子での貸付など、お金に困っている人にお金を配ることで、この危機を乗り越えようとしてきました。

そうしないと、仕事を失って収入がなくなった人は生きていけなくなりますし、それはそれで必要なことですよね。

その一方で、その裏側を見てみると、世界中で大量に、お金を刷ったり、お金をばら撒いたりした影響で、お金(現金)とモノ(現金以外のモノ)のバランスが今までと同じようには行かなくなってきているのではないでしょうか?

資産インフレが進む

お金の供給量が増えたことで、お金の価値が他のものより相対的に落ち、モノの価値が上がる、資産インフレが発生しているように見てとれます。

資産インフレの時代においては、モノの価値が上がる、例えば、不動産の価値が上がる、資源の価値が上がる。保有株式の価値が上がる。といった感じになります。

要はこういった資産を持っている人がより資産を増やす結果になるかと思います。例えば、国民一人当たり10万円の現金給付がされたお金より、お金持ちの人の保有資産が10%上がった方が、みんなが受け取った現金10万円よりはるかに大きなお金を産みます。

その結果、最終的にはお金持ちのところにお金がより集まる傾向にあるのではないでしょうか。

それでも国はお金をお金を刷り、お金をばら撒き続けるだろう

この世界では、今回の新型コロナウイルス対策に限らず、常々、国は借金(国債を発行)して、経済対策(お金をばら撒く)をします。

これを一個人、一家族で見てみると大変なことになります。稼いできたサラリー以上にお金を使い、お金が足りないから借金をする。借金の減る見込みはなく、増えていく一方。そして、稼いだお金から多くの金利を払うことになる。またお金がない…この繰り返しです。

こんなことをずっと続けていけばいつかおかしくなり、最悪破綻します。

しかし、国は自らお金を擦ることができます。景気が悪くなったら、自分でお金を剃って、その擦ったお金で株式を買い、見かけ上、経済は問題ないように見せることも可能だったりします。

最近は、世界中で競うようにして金融緩和し、低金利にし、お金の発行量をも増やして行っています(お金を剃っています)。 さらには借金も増やしています(さらにお金を供給しています)。そうして、景気を刺激し、下支えしています。これは悪い言い方をすれば、ドラッグをしているようなモノです。

みんな、自分がやっている時に、経済で結果を出したいですよね。そう考えるとどうしても目先の利益を重視する方向になるのではないでしょうか。

普通の感覚のリーダーなら誰も経済がマイナス方向にいくようなことはしないと思います。それに国民も、増税する人よりは、お金を配ってくれる人や減税をしてくれる人に投票しますよね。

そうなると、お金をより供給する方向に動くかと思います。そうなれば、お金の価値が下がっていくのは当然の流れ。そうして世界はインフレ方向に舵を取ります。

その結果、私たちの現金は価値を下がっていくことになります。

時代に合わせたマネープランが必要

そうした時代に生きる私たちはいくら貯金しても低金利。日本においてはほぼゼロ金利ですよね。

自分が一生懸命稼いだお金を銀行に眠らせておくだけでいいのでしょうか?

資産インフレで現金の価値が落ちる時代であれば、もう少し投資に目を向けて見てもいいのではないでしょうか?

この世界がどういう方向に進んでいるのか、どのような未来があるのか、それに対して私たちも、時代の逆行するのではなく、時代に合わせてマネープランを考える必要があります。

経済はお金の流れを見るとみえてきます。将来のあるところにはお金が集まってきます。逆に将来のないことをしていたらお金はすぐに逃げていきます。

私たちもお金の流れを注意深く見守る必要があります。そして、お金と仲良くやっていく術を今から身につけていく必要がありますね。

自分が稼いだお金を有効に活用していますか?

まずは、自分自身の大事なお金を、自分の大切なお金を人任せにするのはなく、せっかくだから自分のお金ぐらい、自分で管理し、使い道など自分で決めませんか。

お金と仲良くなるには、まずはお金のことを知る必要があります。投資をすれば、今よりお金のことがわかってきます。経済のことがわかってきます。世界のことがわかってきます。

さらに投資には複利というすごいパワーもあります。これはすごい魔法です。お金持ちの人は必ずと言っていいほど、この力を利用しています。

お金持ちになりたければ、お金持ちと同じように行動する。成功しているお金持ちから勉強するのがいいでしょう。

正しく投資をすれば、きっとお金に恵まれる人生になるかと思います。

日本人も投資の力を利用しよう

2020年6月の時点で、家計の預金は過去最高を記録し、1031兆円にも達しているとのこと。これは、消費減と給付金で、そのお金が預金に回っている結果だったりします。

このお金は銀行に預金として眠っています。そのお金、銀行が世の中のためになるために有効活用しているのでしょうか?

銀行はもちろん銀行のやり方でお金を扱います。ただ、あなたが思っているようにお金を有効に使ってくれるかは疑問です。

ただ、銀行がうまくお金を有効活用できていたら、銀行は成長し、時価総額も大きくなっているはずですよね。実際、銀行の業績、銀行の株価、時価総額の推移はどうなっていますか?

バブル期は日本の銀行が世界の時価総額トップ10の中にいくつか入っていましたが、今の日本の銀行はポジションはどうなっていますか?

残念な結果になっていますよね。なぜそうなってしまったのでしょうか?簡単にいうとお金をちゃんと扱えていなかったのではないでしょうか。

それでもあなたはそんな銀行に大切なお金を寝かせておきますか。私なら自分で自分のお金を運用、管理しますね。

日本には、1031兆円ものお金が預金として、銀行に眠っています。このお金、もう少し投資に回した方がいいのではないでしょうか。

もし、この何割かだけでも投資に回ったら、数百兆円規模のお金が投資資金となります。これはかなりのインパクトになりますよね。

数百兆円規模の投資資金があれば、日本も世界にもう少し影響力を持てる何か動きを作ることができるのではないでしょうか。

自分が一生懸命稼いだお金、せっかくなら、世界が広がる方向に投資してみませんか。

投資
貯金から投資へ!投資未経験者に伝えたいお金を増やす方法昨今では老後2,000万円問題が話題となったこともあり、将来に向けてお金を増やしたいと考えている人やお金に対する不安を抱えている人は多い...
もしこのサイトの記事が参考になったと思ったら、SNSで記事をシェアしていただけるとうれしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です